相馬霊場第39,57,80番


 新四国相馬霊場第39番






 所有者個人、目印:銀杏の大樹
 御本尊、薬師如来
移し寺、高知県赤亀(しやっき)山延光寺
ご詠歌、なむ薬師諸病悉除(しつじょ)の願こめて
     詣るわが身を助けましませ








お天気によっては富士山が望める

薬師堂は戦後焼失、戦中は疎開者が住んでいたほど大きかったようです
21日のお大師様の日には御膳が出ている時があります。
屋号、吉朗次(海老原家)個人所有の札所堂です。



ICON 参加者配布資料




地図画面に戻る
場合は、ここから
 ICON
スマホ使用時は
"<"で前頁に戻る





 新四国相馬霊場第57番






竹林の阿弥陀堂、個人所有
丸野医院後ろの高台竹林
御本尊、阿弥陀如来
移し寺、愛媛県府頭山栄福寺
ご詠歌、この世には弓矢を守る八幡なり
    来世は人を救う弥陀






お天気によっては富士山が望める

 屋号、喜兵衛(山崎家)個人所有の小堂です。
 昭和八年再建で寄進者は東京八十八度会、毎月二十一日に集落の八件が供花や供膳を当番で行っている、
 井野の光明寺は、ここの西向かい山中にあったといいます。
 猛暑日の竹林はとても静かで涼しくて一休みするには絶好です。
     明和5年(1768)稲村の山崎庄兵衛家は、西国33観音と伊勢参拝を巡礼、四国88霊場をお遍路しています
     山崎庄兵衛の四国遍路


ICON 参加者配布資料




地図画面に戻る
場合は、ここから
 ICON
スマホ使用時は
"<"で前頁に戻る





 新四国相馬霊場第80番





  個人所有
御本尊、毘沙門天
毘沙門堂
移し寺、愛媛県白牛山国分寺
ご詠歌、国を分け野山をしのぎ寺々に
    詣れる人を助けましませ
 











家主の祖先は、関ヶ原の合戦(1600)中に、毘沙門天に救われ生き延びることができたために、その毘沙門天を背負って帰還したそうです。以来、家の守護神として守り続けられています。屋号は武左衛門と言う。
 大師堂の中に、錦の札が貼ってありました。


ICON 参加者配布資料




地図画面に戻る
場合は、ここから
 ICON
スマホ使用時は
"<"で前頁に戻る