新四国相馬霊場第10番






台宿の観音堂
御本尊、十一面観音菩薩
移し寺、徳島県得度山切幡寺
ご詠歌、 欲心を唯一すじに切幡寺 後の世までの障りとぞなる

宿




 大師堂西側の手前には古い馬頭観音像があり寛文十一年六月(1671)と刻まれている。
 隣の手水鉢は昭和十五年奉納である。
 取手八景と言われる内の一つ、観音堂の夜雨、
 洗心静思(せんしんせいし、心の汚れを洗い清め心静かに思う)の仏事にて、雨の夜のことに浮世の心を忘れする清い所なり、と選ばれた地でした。




 閉じて戻る