新四国相馬霊場第13番







吉田の八幡神社境内 八幡山加納院(廃寺)
御祭神、誉田別命(ほんだわけのみこと)
加納院の御本尊、八幡大菩薩
移し寺、徳島県大栗山大日寺
ご詠歌、 阿波の国一の宮とはゆうだすき
 かけてたのめやこの世後の世







 神社の脇の道路は「陸前浜街道」です、江戸時代の頃からの水戸街道は明治初期に、仙台まで繋がる水戸街道を「陸前迄続く海寄りの道により陸前浜街道」としました、しかし明治5年国道を数字化したため数年後に国道6号と令名されたのです。
水戸街道としては最もふるくから残る道で取手市藤代支所まで一直線で続いています。
 水戸光圀は、天和二年(1682)水戸街道を、公道としたが実際に利用したのは生涯に一度しかなかった。
 宿泊も藤代本陣であったと伝えられている。





 閉じる  ICON スマホ版地図へ戻ル