新四国相馬霊場第31番






井野の天満宮
祭神は菅原道真
御本尊、十一面観世音菩薩
移し寺、高知県五台山竹林寺
御詠歌、南無文珠三世の仏の母ときく 我も子なれば乳こそほしけれ 







 災難除け、風邪除けと二種類のお札がありました。
 風邪の神の木造像が祀られた小堂が並んでいます。
 御詠歌が掲げられていました
  「このかどを除けてとうれよ風邪の神 大師すがたのあらん限りは」とある。
 天満紳社の祭神は菅原道眞公で、室町末期の天正元年(1573)二月二十五日、道眞公が昇殿された日に京都北野天満宮より分霊してお祠したとあります。
 庭の梅が咲頃、井野を見渡す景色もよい。
 弁財天、稲荷大明神、石尊大権現、八幡宮等の石碑が集め置かれています。梅林があり、春先に訪れる人もいます。

 昭和50年代後半の聞込み話(取手市史民俗編Ⅱより抜粋)。
 「天神様の所にある31番は家の所にもあったんだよ。
 イトーヨーカ堂入口前に二間四方の阿弥陀堂があって、そこに31番があったんだな。
 だけど年寄らが片しちゃったんだよ。家の方が本山だったんだよ。
 天神様の方は欠け所だったっていうんだよね。だけど、境内がいいでしょ、本山にみえるよね。」
 イトーヨーカ堂は「片倉ショッビングプラザ」ビル内にありました、取手駅から台宿坂上り口手前左側でした。
 「片倉」とは「片倉紡績取手工場」で製糸工場の跡地でした。





 閉じて戻る