新四国相馬霊場第7番






大清山心光院本泉寺
御本尊、阿弥陀如来
移し寺、徳島県光明山十楽寺
ご詠歌、人間の八苦を早く離れなば 到らん方は九品十楽






 明暦元年(1655)閑誉(かんよ)十万和尚が「新願寺」として開山しましたが、後に取手本願寺末寺となったときに、寺名を変更しました。

 堂の前に珍しい道しるべがあります。
 『右地蔵堂札所ミち三界萬霊七番札所左八幡宮札所ミち』と彫られている。
 三界萬霊と記された道標はあまり見かけない。
 三界萬霊(さんかいばんれい)の三界は仏教語で、欲界、色界、無色界をいいます。
 俗界とは、食欲、性欲、睡眠欲をいい、色界は食欲よりも性欲の強いことをいます、無色界は性欲のない神聖な心の世界をいいます。
 万霊とは、三界の有情無情の精霊世界いいます。
 三界萬霊の道標は、幹線道にしか置かないと言われていました、取手市では珍しい。





 閉じて戻る