新四国相馬霊場第70番と第71番

本郷の東漸寺

山門とイチョウの木
ともに
県指定文化財
第七十番、東漸寺境内永福寺(廃寺)
御本尊、観音堂内の馬頭観音
移し寺、香川県七宝山本山寺
ご詠歌、本山に誰が植えける花なれや 
            春こそ手折れ手向けにぞなる
第七十一番、興隆山寿量院東漸寺
御本尊、阿弥陀如来
移し寺、香川県剣五山弥谷寺(いやだにじ)
ご詠歌、 悪人とゆきづれなんも弥谷寺 
            ただかりそめも良き友ぞよき

上、目隠し銀杏。
上右、山門からの見た
    観音堂。
70番は桑原にあった
永福寺からお堂と札所
が1574年現在地へ
移転したものです。
境内の木馬堂には二体
の木馬が供えられ昔の
祭り事が偲ばれる
七月十七日に
馬施餓鬼祭りの行事
がありました。

七十一番 左奥、     七十番 手前

東漸寺(とうぜんじ、漸、ざんをぜんと読む)は、天正二年(1574)創建。

平成16年改築されました。寝釈迦像が本堂内左側に鎮座しています。
馬頭観世音菩薩(寺田観音)は行基の作と伝えられる、元和3年(1617)安置。
仁王門は、元禄3年(1690)に寄進されたもので、単層八脚門の藁葺屋根となっており市内唯一の仁王門です。

「目隠し銀杏」は樹齢六百年の大銀杏です。
伝説によると、乗馬のまま境内に入ると必ず落馬するという。
仁王門から一直線上に観音堂の正面が位置する為、目隠しの為に植樹したとの
言い伝えであります。
馬施餓鬼祭(うま せがきさい)は、2〜3年前から行われていないようです





 閉じる  ICON スマホ版地図へ戻ル