新四国相馬霊場第16番と第64番







 戸田井白山神社境内の観音堂
 御本尊、十一面観世音菩薩(東谷寺に現存)
 移し寺、徳島県光耀山観音寺
 御詠歌、 忘れずもみちびき給え観音寺 西方世界弥陀の浄土へ





 後ろに「閻魔さま」と「戸田井の赤鬼婆」が居ます。
 閻魔大王は、ご存知の通り「死後の世界の大王」であり
、仏教界では地蔵菩薩の化身と言われています。
 子供の頃に「嘘をいうと、閻魔さまに舌を抜かれるょ」と
いわれ、閻魔さまの恐ろしい形相の顔立ちに怖がりました。
 「戸田井の赤鬼婆」は、像が真っ赤に塗られていた為に
赤鬼とついた「脱衣婆ァ」です。
 死後の世界では「三途(さんず)の河原」(賽の河原ともいう)
があり、この河原を渡らなければなりません。
 着ていた物は、脱衣婆ァに預けて川を渡ります。
 < 戸田井の赤鬼婆伝説 >
 ある夜、近くに住んでいた男は酒に酔い、夜道を帰宅途中に
赤鬼婆のある小堂の前で鬼婆像に対して「お前のような恐ろし
い婆がいるから、だれも、この道を避けて通らない」とののし
り自宅に戻りました。
 よく朝、男の家はまる焼けとなり、赤鬼婆ァにお詫びに
行ったそうな。      取手市史より









 西光院(廃寺)
 御本尊、阿弥陀如来像は、東谷寺にあります
 移し寺、愛媛県石鎚山前神寺
 御詠歌、前は神うしろは仏極楽の よろずの罪をくだくいしづち





 昨夜は雪、朝遅くになって、やっと自然の金色の光を受けていた。
昨夜はさぞかし寒かったのでは・・・。
 西光院は1722年永信の開祖であったが本堂はない。
 白山神社の祭神は白山姫命で、歯痛に御利益があるようです。
 後方に元禄期の十五夜塔と宝暦期の廻国塔があります。
 西光院は、明治六年に住職が教師となり寺子屋でした。
 一段と高い所に、白山神社が鎮座しています、本殿は鳥避けの為に金網で囲まれていますが立派な彫刻を伺うことが出来ます。
 特に向背部の龍は、柴又帝釈天の彫刻寺や取手八坂神社を手掛けた名工、後藤縫之助が無名であった若い頃に、相馬霊場にお遍路に来られた時、村長が彫刻を依頼したと云われています。
 後藤縫之助については、下記をご参照下さい
 <<< 相馬霊場に残した彫刻師後藤縫之助等の作品 >>>
 




【 戸田井の渡し 】
 戸田井橋が無かった頃は、橋の下流袂に「船宿伊勢屋」があり、千葉県我孫子市布佐まで渡した舟がありました。
 「布川の渡し」布佐-布川-戸田井の3ヶ所を渡していた「三角渡し」、戸田井橋が架橋されても小文間と布佐の都を渡していた「お遍路の渡し」は昭和40年頃までありました。
 短い舟旅でしたが、宿から振舞われた「佃煮弁当」は美味しかったそうです。
 伊勢屋さんはお店を閉めてしまいましたが、居住されています。
 文久二年(1862)六月新吉原の遊女屋中万字屋弥兵衛と正妻てうそれに世話人伊勢屋源助によって寄進された常夜燈が現存しています。
 また、40~50人が乗船出来たという渡し舟用の、長さ3mもある「舟の櫓(ろ)」、更に高さ1mにも及ぶ、大きな「講看板」や大店の「看板」が、処狭しと並べられていました。
 船宿は、先代の二代目の源助さんが昭和39年まで続けられました。
 最盛期には、77人ものお遍路さんを泊めたそうです。
 常夜灯は夜道を常に照らす灯で、街道筋の宿屋の存在を知らせる役割も担っており、戸田井の船宿に存在した昔は、取手宿に匹敵するほどの賑わいがあった為と思われます。

 小文間には、東谷寺下の神の浦に「神出しの渡し」の存在が、近年、吉田の古民家より発見され立証されました。
 明治期以降に於ける相馬のお遍路さんは、この「神出しの渡し」で小文間と我孫子の江蔵地(えぞち)を渡った様子を記述しています。
 只し疑問有り、お遍路さんは「最短距離で巡る為には苦難は問わず」と「一文字異順路」の原則により同道は歩かない約束があります。
 神出しの渡しを順路としますと、小文間も江蔵地側も霊場を東西に数箇所残してしまう為、船着場と残された霊場間は往復するようになります、
この様な歩き方はしないので相馬霊場お遍路の通常的な事例とは云えないと思います。
 小文間の各渡しと相馬霊場の因果関係は必要重で蔑にすることは出来ません。

 昔はなぜか、戸田井橋が出来ても小貝川の向い利根村へお遍路さんは、行こうとしなかったそうです。
 相馬霊場祈願寺の長禅寺境内にある、第五番札所と関連し、布川(現、新利根町)の、とある寺に相馬札所五番の建立が果たせなかった為と、巷の噂のようでした。
 布川には、数年後に「布川八十八ヶ所」が建立されました。
 地元の霊場を大切にすることのほうが優先だと思います。
                   2011/11/06 追記





 

 閉じる  ICON スマホ版地図へ戻ル