新四国相馬霊場第54番






高龍山福寿院大聖寺(廃寺)
麻疹不動として名高い不動堂でした
御本尊、不動明王座像(像高3m)
移し寺、愛媛県近身山延命寺
ご詠歌、くもりなき鏡の縁とながむれぱ
    残さず影を写すものかな


正面不動堂の左側に大師堂があります。

 小文間西方の大聖寺は、寛永七年(1630)尊栄の開祖です。
真言宗智山派の祈願寺です、取手では智山派は珍しい。
 お寺は地元の中村一族によって建立されたもので、
本堂は昔建てられていたが、取り壊され今は面影もありません。
 不動明王は、僧 尊栄に中村一族が協力して作らせたものです、
この不動明王の頭部の中には、一刀三礼で精魂込めて創られた不動明王像が納まっているそうです、
 又、腹部からは密文が見つかっており
「これを不動明王の誓約速やかにして、その利益余尊に
超え一切の魔軍を焼き尽くして、麻疹の難を除く」とあります。
 はしかの病は難病であった時代には、麻疹不動として近隣からの参拝者で多いに賑わったそうです。
「掃除をしていた老婦人」より 
 境内には色々の石塔があります、その中に蚕影山神社と
蚕霊供養塔が建っています、小文間は昔し養蚕が盛んでした。






 

 閉じる  ICON スマホ版地図へ戻ル