新四国相馬霊場第26番



廿



浄土宗竹林山南龍寺
御本尊、阿弥陀如来三尊
移し寺、高知県龍頭山金剛頂寺
ご詠歌、往生に望みをかくる極楽は 月のかたむく西寺の空






 江戸時代末になると学問に対する関心が高まり、寺小屋が各地で開かれ明治五年学制が公布され翌年にはここ南竜寺を仮校舎として天眞学校が開設されました。
 現在の富勢小学校の前身で、寺小屋は学校へと移り変わりました。

 薬医門は桃山時代(1573~1600)頃からの門構えです。
 本柱と控柱それぞれ2本を立て、本柱の梁(はり)が中心線上から前方にずれています。
 梁の上に束(つか)をたてて切妻屋根を乗せた特色のある山門です。




 

 閉じる  ICON スマホ版地図へ戻ル