新四国相馬霊場第38番と第43番









子の神大黒天
御本尊、子の神(ねのかみ)大将軍
移し寺、高知県蹉蛇山金剛福寺
ご詠歌、ふだらくやここは岬の船のさお
      とるも捨つるも法のさだ山
寿の白花山延寿院、大正七年ここへ移転した。
御本尊、不動明王
移し寺、愛媛県源光山明石寺
ご詠歌、聞くならく千手ふしぎのちからには
        大ばんじやくもかろくあげ石

【第三十八番】
縁起では子之神将は、行基菩薩が諸国巡錫の折りに下総国国分寺で
薬師如来と十二神将および大黒天を刻んで安置したが、
国分寺がたびたび火災の災厄に逢うので、尊像を背負って諸国を
遊歴した宥啓阿闍梨により、康保元年(964)此の地に一宇を造り
安置されたと言います。

 子の神大黒天は、腰下の疾患に霊験があるといわれています。
子の神は山の神と同じく山頂にあることが多い、この信仰は山の尾根を歩いて
行かねばならず、足腰が強くないとならず里に戻った時には「わらじ」を奉納した。
今はブリキのワラジが奉納されています。
 秋頃の10月第4日曜日午後2時に「火渡りの行」が行われます。

【子の神】
薬師如来とその信者の警護をする十二人の大将を十二神将といいます、
子の神は毘羯羅大将(ひがらだいしょう)、十二支の子を指します。
【大黒天】
魔訶伽羅天(まかからてん)はインドでは強暴な戦闘神でしたが、
(三面六肘(又は八肘)で鎧を付け武器を持つ仁王のような姿です)
中国に伝わると、厨房(台所)が潤うことで財を益す繁盛神となり、
日本では福袋や打出の小槌を持ち米俵を台座にした、
ふくよかな神に変身しました。
神仏一体の寺社で、大国主と大黒は習合し更に子の神も習合し鼠をその使い
として現在に及んでいます。

志賀直哉の書斎が残る志賀直哉邸と白樺派記念館が近くにあります。

【逸話】
 源頼朝が旗揚げ目指し関東諸国を歩いていた折、我孫子の里で重い脚の病にかかり
歩行困難となった為、沼近くの農家に身を寄せ数日過ごしたある夜、夢枕に
大きな白ネズミに乗った白髪の老人が柊(ヒイラギ)の葉を持って現れました。
 そして、この地の鎮守子の神権現の化身であることを告げ、老人は柊の葉で
頼朝の足を示し祓(はらう)ったという。後日、頼朝は将軍となり社殿を造営しました。

【第四十三番】
古くから、子の神大将の別当寺であったといわれてきました。
 延寿院は、JR我孫子駅の北側にあり大師道があった頃は、久寺家の宝蔵寺から
相馬霊場の南端に位置する興陽寺の途中に位置していました。
現在のヨーカ堂我孫子南口店の南出入り口向い側辺りです。
 明治29年、常磐線の開通時に大師道は線路によって分断され、
大正七年(1918)には、駅舎の手賀沼側が栄えたことにより、宿坊として
子の神に移ったといわれております。

 



 

 閉じる  ICON スマホ版地図へ戻ル