新四国相馬霊場第55番






羽黒山円福寺、江戸時代初期の創建。
御本尊、阿弥陀三尊(観音菩薩と勢至菩薩の脇侍)
移し寺、愛媛県別宮山南光坊
ご詠歌、このところ三島に夢のさめぬれば 別宮とてもおなじすいじゃく






 札所に並んて鯖大師堂があります。
 これは弘法大師が当地にて馬子の塩鯖を請い、海中に放すと生きかえって泳いだとする由来に依るもので手に鯖を持つ大師立像が厨子の中に安置されている。
 大師堂の足元には四国の形を表したみかげ石が敷かれている。

 隣の羽黒妙見社、現在の柴崎神社の別当寺でした。





 閉じて戻る