新四国相馬霊場第59番






自性山興陽寺
御本尊、薬師如来
移し寺、愛媛金光山国分寺
ご詠歌、守護のためたててあがむる国分寺 いよいよめぐむ薬師なりけり 








 開山大凉玄樹和尚、開基山高八右衛門(檀家)、天正八年(1580)遷化によるの草創建立。
 大師堂は安永四年(1775)に創設、流れ造りの向拝付きという、古い形を留めた造りで残っています。
 薬医門の脇に、不詐竃酒入山門の石塔があります、意味は・・竃酒(くんしゅ、清浄な境内への立入り制限で臭者や飲酒者の意)





 

 閉じる  ICON スマホ版地図へ戻ル