新四国相馬霊場第75番






曹洞宗青龍山医王院東源寺
御本尊、薬師如来
移し寺、香川県五岳山善通寺
御詠歌、 われ住まば世も消えはてじ善通寺
                深き誓いの法のともしび

 柴崎の東源寺大師堂

 光音禅師手植えの榧(マガヤ)が有名で本堂前庭に樹令二百余年昭和十年に
県の天然記念物に指定された名樹が大きく枝をひろげ今も沢山の実をつける。
その実から虫くだしの好薬が作られたとか。
 光音禅師は、東源寺の風光は弘法大師生誕の地、善通寺に似ていること
からここに第七十五番を移されました。
 禅師が取手琴平の庵に往生の時はわざわざ金剛杖を贈越されて大師堂には
光音禅師の位牌と共に安置されています。
尚、75番を基点に相馬霊場を左右どちらからでも巡りますと取手の一番迄の
距離は等しく、東源寺75番は中間の札所であるところから「中回向所(なか えこうどころ)」と定められました。

柴崎は、水戸街道と船取道(県道、船橋取手線)の分岐するところですが、
かつて新木城を築いた、「新木の蔵人」は柴崎に柴崎城を築き移住しました。

水戸街道を上ると「電力研究所」があります、この地は我孫子城址と云われて
います、桜の開花の時のみ一般の出入りが出来る研究所内の桜老木は一斉に
開花して見事であり、隠された花見所になっています。





 閉じて戻る