新四国相馬霊場第21番と第37番










ともに、布佐の西光山勝蔵院境内にあります。
御本尊、天台宗の阿弥陀三尊

第二十一番 大正四年竹内社から勝蔵院境内に移されました
御本尊、虚空蔵尊
移し寺、徳島県舎心山太龍寺
ご詠歌 太龍の常に住むぞやげに岩屋
            舎心聞持は守護のためなり

 墓地内の高台にあり布佐の町並みを一望できます、隣の布佐中学校のその先に竹内神社の森がみえます。
 二十一番はこの竹内神社にあったものです。
 我孫子市布佐の竹内神社の横に布佐小学校があり柳田国男が教鞭を揮った学校であります。
 竹内大明神として六九八年創建、日本武命、天迦具土命、武内宿弥命を祭り九四〇年武内社と名のる、その後の天変地異により一九五三年、現在の地に竹内神社として鎮座しました。
 英文の日露戦争戦勝記念碑があります。
 毎年九月十四日十五日十六日の三日間が祭礼ですが、下総における最大のお祭りで、山車が4台に神輿がかつがれ、参堂の狭い道で夜半まで行われるお祭りは、感深い日本人の気迫で圧倒される思いに感激してしまいます。



第三十七番
御本尊、聖観世音菩薩
移し寺、高知県藤井山岩本寺
ご詠歌、六のちり五つのやしろあらわして
         深き仁井田の神の楽しみ

 両札所のある勝蔵院は、再三の火災により記録が失われていて創建時ははっきりしないが、地方の古刹として名高い。
 住職の墓の最古は、延宝三年(1675)となつています。
 当時の名主を勤めた小山家の墓もあり、また、大師堂のある裏山入口には、「和田氏墓」と刻んだ石碑もあり、歴史の古さがうかがえます。





 

 閉じる  ICON スマホ版地図へ戻ル